光目覚まし時計の子供たちへの効果

我が家は二人の小学生の子供がいます。
長男は朝、声をかけるといつもすんなり起きてくれます。
でも次男はなかなか起きません。
睡眠時間は足りてるはずなのに寝起きが悪くて困ってました。
もちろん、うるさい目覚まし時計を耳元に持ってってもものすごい嫌がるだけで起きません。
そんな事しても余計に機嫌が悪くなるので本当にどうしたら良いのかと悩んでたのです。
それで光目覚まし時計の存在に行き着きました。
実は私も毎朝目覚まし時計の音で起きるのって、音に気付いたから仕方なく、大人だからこの時間に起きなくてはならないという義務感で起きてたんです。
だって部屋が暗くしてあるのに、音がしないと朝が来たって気づけませんよね。
カーテン閉めて寝ないのも嫌だし。
そこでちゃんと起きられる光目覚まし時計を調べて購入したのです。
光目覚まし時計にも色々あって、安いものだと光の強さが足りなくて起きるに至らないていどの光しか出ないらしいです。
なのでしっかり起きられるように口コミをチェックしてから質の高い目覚まし時計を選びました。
実際使ってみると音で無理やり起こされるあの強制感がなくてすごく良いです。
音がなくて起きられなかった時のために10分後に音が鳴るアラームもかけてましたが、必要なかったです。
そして光目覚まし時計にしてから、もちろん長男は気持ちよく目覚めてくれてます。
気になる次男はと言いますと、光によってもう朝なんだ、起きる時間なんだと認識するせいか自ら目を開けるようになってます。
何度起きるようにガミガミ言っても、頑として目を開けようとしないで布団に潜ってた子とは思えません。
この光目覚まし時計は、特に冬の朝には助かります。
冬って起きなくちゃならない時間帯はまだ、カーテン開けても朝日が差し込むなんてほどには明るくないんです。
起こす時に思い切りぐずられるストレスが減ってそれだけで大きな効果がありますね。
そういえば、まだ小さかった子供たちを朝が来たとか暗いからもう寝る時間だとかを教えて体内時計を整えてあげるために朝は抱っこして窓際に行って朝の光を浴びてたなと思い出しました。
それを私がわざわざしなくても時計がやってくれるからすっきり自然に起きられるんですね。
光目覚まし時計、有り難い商品です。
でも、もしもの寝坊はさすがに怖いので、音で起きるアラームも10分後にセットしておきます。

コメントは受け付けていません。