出会いを求めていた時に思っていたこと

一度いいから、素敵な人と本気で恋愛をしてみたい。そんなことを初めて思ったのは、たぶん中学生くらいの時だったと思います。でも、もともと自分に自信がなかった私は、そんなこととも縁がなく、気づけば大人になっていました。出会いがある人はたくさんありますが、私はさっぱり。そうすると、ますます自信を無くしてしまうのです。そんなころ、私にもある出会いが訪れました。相手は、かなり年上の男性で、都会っぽい思考と雰囲気がとても素敵な人でした。ところが、うまく行きそうになると、私は自分で壊してしまうのです。そして、あとで激しく後悔する。どうしてそんなことをしてしまうのか、私も良く分かりませんでしたが、今思えばうまく行くことが怖かったんだと思います。自信がないので、どんどん関係が進んで、そこで壊れてしまうのが恐ろしかったのです。だから、自分で先に壊していたのです。だから、私は思うのです。自分に自信を持つことがどれだけ大切であるかを。自信がないと、結局相手も傷つけてしまいます。理由なんで要りません。ただ、自分を認めて好きになりましょう。

コメントは受け付けていません。