子どもに怒りながら反省したこと

幼稚園児の娘は私の駄目な癖をそのまま引き継いでしまっている。旦那からも「お前のコピーか」と言われるほどだ。私の駄目な癖は早口なところ、大声でしゃべるところ、人の話を聞かないところ、怒られると「え?」とまず言ってしまうところ。ぜーんぶ、そのまま娘にも当てはまる。私が専業主婦でずっと日中一緒だったせいなのだろう。申し訳なさでいっぱいだ。

旦那はわりと神経質なタイプで(旦那から言わせると、私がずぼらすぎるそうだ)、私のそういう駄目な癖に出くわすたびに「いい加減にしろ!」「どうして直そうとしないんだ!」と怒る。そして、怒りが頂点に達すると「なんでそんな感じなの?」と人格否定攻撃がはじまってくる。新婚当初はこの人格否定発言に随分傷つき涙してきた。苦しくて辛かったからこそ、そういう人格否定発言だけは娘に浴びせないようにしようと思ってきた。

それなのに、娘が何度も私の話を無視したことについて、今日はとうとう「どうしていつもそうなの?」「どうして聞けないの?」と怒りくるって娘を否定してしまった。無視しているのではなく、他のことに没頭して言葉が届いていないだけだとわかっているのに…。自分が情けない。あとでちゃんと娘に謝ろう。最悪だ私。

コメントは受け付けていません。